サクセンダ G L P−1

    サクセンダ GLP−1

    サクセンダ GLP−1ダイエット
    痩せるホルモンGLP−1って
    一体何なの?

    tdcクリニックのサクセンダ

    今の生活を変えることなく、自宅で減量!
    TVや各メディアで話題になっている

    無理せず、健康的に痩せる
    GLP−1ダイエットを解説!

    世界で認められた安全性

    TDCクリニックでは医療ダイエットを
    推奨しております!!
    無理なダイエットや身体に負担のかかる
    ダイエットは健康を害します。
    無理なく医療の力を借りて、
    気軽にダイエットを初めてみませんか!?

    GLP-1製剤はアメリカのFDA(食品医薬品局)、
    欧州連合(EU)加盟28か国で承認されている
    肥満治療製剤で、
    既にGLP-1を用いた減量法が肥満治療の
    スタンダードとなっています。 
    日本では、2010年より2型糖尿病の
    治療薬として承認され、
    臨床で使用されていますが、
    ダイエット目的としては
    自費診療になります。 
    もともとは糖尿病のお薬ですが、
    単独では低血糖を起こしにくい薬剤です。

    Saxenda(サクセンダ)とは!?

    Saxenda(サクセンダ)は
    ノボノルディスクファーマ社が発売する
    リラグルチド3㎎の
    欧米における販売名です。 
    血糖値を下げるホルモンであるインスリンの
    分泌を血糖値に応じて促進させ、 
    同時に血糖値を上げるホルモンである
    グルカゴンの分泌を抑制します。 
    1日1回の皮下注射で
    優れた血統改善効果を示し、
    単独療法では低血糖を起こしにくい薬剤です。 
    セルフ管理で、満腹感を増大させ、
     体重や内臓脂肪、筋肉中の脂肪を
    減らす効果が期待できます。

    Saxenda(サクセンダ)の効能

    「痩せるホルモン」とは
    人の体内にもともと存在する
    GLP-1というホルモンのことを指します。 
    このGLP-1が少ない人は
    食欲が我慢できずに太りやすく、
    多い人は適量の食事で満足でき、
    太りにくいといえます。 
    サクセンダはGLP-1と97%同じ成分であり、
    アメリカやヨーロッパでは安全性の高い
    肥満治療薬として承認されています。 
    ダイエットで一番つらいのが
    食事制限であり、
    激しい運動をしなければならないと
    考える人が多いと思います。 
    ですが実際はそれらを続けていくことは難しく、
    途中で挫折してしまう人も
    多いのではないでしょうか。 
    サクセンダで痩せるホルモンを増加させ、
    健康的に食欲を抑制し、
    摂取カロリーを抑え、
    その結果減量効果が期待できる
    次世代の減量薬です。 
    食欲を我慢するストレスから解放される為、
    ダイエットも忘れて食事を楽しむことが
    できるようになります。 
    有酸素運動を組み合わせることにより、
    さらに効率よく脂肪燃焼、
    減量を行うことができます。 

    Saxenda(サクセンダ)はこんな方におすすめ!!

    • ついつい食べ過ぎてしまう

    • 食事制限がストレス

    • 運動が苦手で、ダイエットが長続きしない

    • ダイエットに成功しても、
      リバウンドしてしまう

    料金表

    サクセンダ(税抜)
    45,000円
    120,000円
    220,000円
    400,000円

    Saxenda(サクセンダ)増量方法

    サクセンダは、
    最初は吐き気や気分不快などの症状が出るため、
    慣れさせるために少しずつ増量していきます。 

    1日0.6mgから開始して、
    1週間毎に0.6mgずつ増量し、
    最大3.0mgまで増やして維持します。 
    体重減少が著しい場合や副作用が強い場合には、
    最大量を1.2mg~2.4mgまでとします。 
    0.6mgで十分な方もいますので、
    その場合は0.6mgで経過を見ることもあります。

    当院では、
    治療の期間は4~13ヶ月間を推奨しています。
    用量と期間は、治療経過により判断します。

    Saxenda(サクセンダ)の副作用

    サクセンダの主な副作用は、
    吐き気・嘔吐・下痢・便秘などの消化器症状です。
    重篤な副作用は少ないとされていますが、
    注意すべきものもあります(5, 6)。

    • 胃腸障害…吐き気、嘔吐、下痢、便秘は
      最も多い副作用です。 

      ほとんどが軽度から中等度で、
      一過性です。
      治療を続けると減少していきます。

    • 低血糖…2型糖尿病のない患者での
      重度の低血糖の報告はありませんが、

      1.6%の患者で軽度の低血糖が
      報告されています(プラセボは
      1.1%)。

    • 頻脈…0.6%の患者で頻脈が生じます。
      ほとんどは治療中に軽快しますが、
      持続、悪化する場合や他の症状がある場合は医師にご相談ください。

    • 甲状腺疾患…2型糖尿病患者での試験で
      甲状腺腫が報告されています。 

      ラット及びマウスにおける
      2
      年間がん原性試験において、
      非致死性の甲状腺
      C細胞腫瘍(甲状腺髄様癌)が認められたとの報告があります。

    • 膵炎・胆石症・胆嚢炎…激しい腹痛、
      背部痛、嘔吐、発熱などの症状が
      起こった場合、
      緊急で医療機関を受診してください。 

      致死的になるリスクや胆嚢摘出に
      つながるリスクがあります。 

      胆石症は、脂っこいものや食べ過ぎた
      夜に腹痛が起こることがあります。 

      胆石による急性膵炎では、痛みが突然
      始まり、数分で最大になります。 

      発症前のアミラーゼ、リパーゼの上昇は、膵炎発症の予測にはなりませんが、
      症状があった際には
      診断の指標となります。

    • 急性腎不全・脱水…下痢や嘔吐などの
      胃腸の副作用に関連した脱水から、
      腎不全や腎機能障害を
      起こす可能性があります。

    • アナフィラキシーショック・血管浮腫…
      過剰な免疫反応(アレルギー反応)により、 

      血圧低下、失神、顔面、口唇、
      皮膚の浮腫、発疹、気道の
      浮腫による呼吸困難等の
      症状があらわれます。

    • 腸閉塞(頻度不明)…高度の便秘、
      腹部膨満、持続する腹痛、嘔吐等の
      異常が認められた場合には使用を中止し、医療機関を受診してください。

    • うつや自殺企図
      (サクセンダ
      0.3vsプラセボ0.1%)
      不安、脱力感、集中力の低下、うつ状態、イライラ感、気分変調、自殺願望などの
      症状が起こった場合、薬を中止して
      必ず医師にご相談ください。 

    その他の副作用の詳細や
    注意事項等については、
    診察時に説明用紙に従って
    ご説明いたします。

    関連記事

    1. シュガーレス医療薬

    2. オイリーキャッチ治療薬

    3. ベイビー注射