オイリーキャッチ治療薬

    オイリーキャッチ治療薬

    TDCクリニックのオイリーキャッチ

    オイリーキャッチ治療薬とは!?

    肥満は高血圧症や高コレステロール血症、糖尿病などの生活習慣病と密接に繋がっています。 アメリカでは国民の半数以上が標準体重を大幅に超え、肥満は社会問題になっています。 オイリーキャッチ治療薬はダイエットサポート処方薬として広く知られているうちの一つです。 ダイエット薬と言えば怖いイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、 効果を発揮するダイエット薬の中には脳やホルモンに働きかけて食欲を抑制する物が殆どで、 精神的ストレスを感じる、中毒症状がでるなどの副作用がありました。 オイリーキャッチ治療薬は食事で摂取する脂肪分を吸収しない働きをもたらします! そのため食べた脂肪や油は吸収されずにそのまま腸を通り排泄されることになります。 つまり、普段通り食べていても摂取するカロリーが大幅に減るので、食事制限をしなくても痩せることができるのです。

    オイリーキャッチ治療薬の効果・効能

    有効成分である「オルリスタット」は、リパーゼ(消化器官で脂肪を分解し蓄積する酵素)を働かなくすることで、
    脂肪の吸収をカットする性質があります。 食事前に服用することで、脂肪の吸収を抑えて便とともに余分な油が排出されます。 オイリーキャッチ1には1カプセルあたり60mg、
    オイリーキャッチ2には1カプセルあたり120mg含まれていて、
    オイリーキャッチ1は油分を25%カットしオイリーキャッチ2は30%カットするということになります。 内服により体に必要なミネラル・たんぱく質・炭水化物には影響を及ぼしません。
    しかし、油に溶ける脂溶性ビタミンが便と一緒に排出されてしまうため、
    マルチビタミンの服用の併用をおすすめします。
    このオリジナル薬はまったくの無害で、
    油分の多い食事のサポートになる安全性の高いダイエット薬といえます。

    こんな方におすすめ!!

    健康的に痩せたい方!!
    あぶらっこい食べ物が大好きな人!!
    コレステロールが気になる方!!

    など、お気軽にご相談ください!

    東京脱毛(TDC)クリニックのオイリーキャッチ

    服用方法

    油分の多い食事の際に、食事中もしくは食後1時間以内に1カプセル服用してください。 有効成分は食事に含まれる脂肪に対して効果を発揮します。 食事をとらなかった場合や脂肪分を含まない食事の場合は服用する必要はありません。 服用中は、いくつかのビタミン類の吸収が減少しますので、併用してマルチビタミンの服用をお勧めします。

    料金表

    脂質カットコース(税抜) 通常コース
    15,000円
    お買い得パッケージ
    36,000円
    70,000円
    120,000円

    よくある質問

    • Q1.オイリーキャッチ錠の服用できない人はいますか?
    • Q2.オイリーキャッチ薬の注意点は?
    • Q3.オイリーキャッチ薬の服用期間はありますか?
    • Q4.飲み忘れがあった場合、どのようにしたらいいですか?
    • Q5.オイリーキャッチ薬の副作用はありますか?
    • Q6.マルチビタミンはなぜ一緒に摂取したほうがいいのですか?

    注意事項

    以下の方は服用しないでください。

    • 妊娠中、授乳中の方
    • 臓器移植を行っている方
    • 免疫抑制剤を服用している方

    以下の方は担当医にご相談ください。
    胆のう障害、腎結石、膵炎、ワーファリン内服中、糖尿病

    関連記事

    1. ベイビー注射

    2. シュガーレス医療薬

    3. サクセンダ G L P−1